FC2ブログ

あせらずまったりと。マイペースな子育て&買い物日記。

さりげない毎日を楽しく過ごす。

読書の秋~ソロモンの偽証~

少し前に、映画の「ソロモンの偽証」を見ました☺



宮部みゆきのなんですが、とにかく引き込まれてしまい!



二部作なんだけどまだ見足りないというか、、原作を読んでみたくなったんです♪



ということで。。


図書館で予約して借りてきました‼






しかも借りてみたら3冊もある!なんと1冊700ページ以上あるしー😵


私ほとんど小説とか読んだことないタイプなんですがね🙋


でもこの珍しく「やりたい‼」という気持ちを大切にしたいと思い。


子育ての合間を縫って頑張って読んでます❗


返却期限内に、なんとか読めますように👍





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
  1. 2015/10/07(水) 23:37:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】

最近DTVで見ていて、すごくハマってしまったドラマをご紹介します。


【ずっとあなたが好きだった】


1992年のドラマです。

んー、かなり昔。今から22年も前のドラマですね😃


この当時、私はまだ学生でして。
同級生がとても面白いんだーなんて話していた記憶がありまして。私も見たかったんですが、、


うちにはその時リビングにしかテレビが無くて、内容が大人だったし見れなかったんですよねー。(昔はこうゆうパターンが結構多かったですよね)


なので今回リベンジ🎵で見れて良かったです‼



さてこのドラマの見処ポイントといえば、やっぱり【冬彦さん】ですよね(^∇^)
当時はドラマの影響で、マザコンといえば冬彦さん、みたいになったみたいですね~✨



冬彦さん役はご存知佐野史郎です。

ヒロインは賀来千香子、恋人役が布施博でした。

そして冬彦さんのお母様に野際陽子。



みんな若くて、それだけでも見ていて楽しい❗



やっぱり引き込まれたのは冬彦さんの怪演ですよね😅


正直あそこまですごいとは思っていなかったので、かなり驚かされました。


あの時代だからこそ出来たというのもあったでしょうが、それにしても冬彦さんオーラは目を見張るものがありました。



それに野際陽子演じるお母様がプラスされちゃいますからね、そりゃもう嫁から見た結婚生活は地獄ですよ、、



マザコンというのは恐ろしいものです。


結局最後には冬彦さんはまたひとりぼっちになっちゃう訳ですが(お母様は居ますがね)


しかしそれでも、見ていて途中から冬彦さんが可哀想に見えてきちゃったりして、、



あんな冬彦さんでも冬彦さんなりに努力してた部分もあったので、(マザコンもやめようと頑張ってましたし!)
昔の恋愛にこだわる大岩くんと西田がちょっと勝手に思えたくらい(^_^;)



まぁでも冬彦さんひょんなことでいきなりブチキレるので、やっぱり怖いかな~😵



律子はただただ可哀想でしたよね、、健気で辛い感じがよく伝わってきました。




野際陽子はいつか見た【ガラスの仮面】の月影先生がハマリまくっていたのでそのイメージしかなかったんですが、このドラマは本当に嫌~な母親役で!
さすが、すごく演技上手いんだなぁ。と実感しました。



とにもかくにもハマったドラマでした♪
いや~昔のドラマは破天荒で面白い❗
やはりこの時代だからなのか、ちょっとした人の動きとかが大袈裟?と言うのかそういうのも好きですね(^^)



にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村




  1. 2015/07/13(月) 22:51:24|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「her」の感想

映画「her」を観ました。






結構話題の映画だったようで。。旦那に進められてレンタルしてみました。


大分昔の映画にはなりますが、「A.I」が私すごく好きで。あの胸を締め付けられる程の切なさは何とも言えませんよね(><)
当時鬼のように泣き、翌日目が腫れまくって困ったものです。
今改めてあらすじを読み直しただけで、また大号泣です↓↓







なのでおじさまとコンピューターのOS(女性の声)と恋愛をするというherにも少なからず期待を抱いていたわけです。

スカーレットヨハンソンが女性の声だけを担当しているというのが話題でした。確かに色っぽい。


だけど始まってみれば、、ちょっと期待外れだったかなぁ(^^;


恋愛の要素も入っていて切ない部分もちゃんと出せてはいるんだけど、途中変な描写が↓
これは要らないよなぁー(-.-)と普通に思いました。


基本SFなんだから、清くいってほしかったです。


街並みや音楽はすごく綺麗で良かったけどね。


人の心の奥深い所、そしてコンピューターと人間の共存。。


これほどに進化した人類ならOSであるサマンサにボディを付けれなかったものかと悔やみます。


これは観る人を選ぶ映画かもしれませんね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


  1. 2015/01/05(月) 14:42:41|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画妖怪ウォッチ「誕生の秘密だニャン!」観てきました。

今日、映画館で妖怪ウォッチの「誕生の秘密だニャン!」を観てきました。


やっと胃腸炎が治って家族みんな元気になってきたので。。行けるときに行こう!ということで(^-^)/



このお話、妖怪ウォッチのゲームの中にあった話のようで。


私はゲームやってないから初めての気持ちで楽しめたんですが、旦那は普通に知ってたと言ってました。

やっぱり映画なので話の展開がちょっと早かったみたいです。



まぁ例によってウィスパーが結構笑わせてくれたし、ジバニャン系(フユニャン、ダークニャン、デカニャン)が沢山出てきて見てて楽しかったですね♪

マスタニャーダの出番があまりにも少ない気もしたけど。。(^^;)

最後はホロッとするところもあり、まぁ面白かったです(*^^*)


子供たちも「妖怪ウォッチ面白かった!!」と喜んでました


そして最後映画が終わってからのエンドロールの部分。。


アニメのエンディングで結構宣伝されてたんで、みんな踊るんだろーなと思ってたんですが。


終わってから見てみたら皆そんなに踊ってなくて意外(うちの子は勿論めっちゃ踊ってましたが)でした。もうちょい盛り上がればいいのになって。


アナ雪みたいに大合唱?になるのかなーって1人隠れワクワクしてたので。ちょっぴり残念。



まぁ、ちゃんとダークニャンの限定メダルがもらえたのでいいですが(*´∀`)ノ!この為に行ったようなものなので~。




しかしこのダークニャンメダル、中学生以下しかもらえないみたい。高校生って妖怪ウォッチやらないのかな(・・)?

意外と大人も楽しんでたりするのに。。と思ってみたり。






そして気付けばすっかり年末!


今夜は毎年恒例の、「じーじん家にお泊まり」です。旦那が子供らを連れてってくれるので私はその間パラダイスタイムを楽しめちゃうのです



今夜は撮り溜めしておいた「まほろ駅前番外地」のドラマを観よう(*´∀`)ノ!
松田龍平を堪能。。


そして朝は年末最後の掃除のチェックをしたいです。


みなさん良いお年をm(__)m☆




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


  1. 2014/12/30(火) 20:41:52|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「脳男」を観ての感想を。

昨日、脳男を観ました(*^^*)!


結構観たい映画だったんですよね。


*○主なキャスト○*

鈴木…生田斗真(脳男・殺人マシーン)

マリ子先生…松雪泰子(精神科医)

茶屋…江口洋介(オラオラ?型の刑事)

緑川…二階堂ふみ(爆弾魔)



*○あらすじ○*


都内で連続爆発事件が起こり、茶屋や警察が捜査していく。

そのなかで鈴木が容疑者として捕らえられるが、マリ子が精神鑑定をしていく上で鈴木には感情が無いなど、いくつもの謎が浮かび上がる。

鈴木は容疑者ではなく、殺人マシーンなのか。

その生い立ちとは??






生田斗真の脳男なんですが、とにかく演技が良かったです!


本当に感情が無いのではないかと思わされるほどに。。彼の演技力はすごいですねー。

本当にまばたきをしないし。彼、役作りであやうく引きこもりになりかけたらしいですね。それも納得!


そして松雪泰子はやっぱり美人さんです。


あと、二階堂ふみ。この人最近ほんとよく出ますね。「悪の教典」にも出てたけど。。「脳男」の二階堂ふみは、かなりの悪役なので飛躍した?役ではありますが、ちょっと最後は壊れすぎてて微妙でした。。



あと、二階堂ふみの恋人(レズですが)役の水沢という女性。。なんと太田莉奈(松田龍平の嫁ですね)がやってたようです!なんと気付かなかった私m(__)m


レンタル、もう返してしまったので見直すことが出来ないのがショックー。


知ってて観たらまた違ってたでしょうね。彼女の演技も激しくてなかなかでしたよ*







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
  1. 2014/02/14(金) 21:26:50|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0